インターネットカフェ。

インターネットの普及とともに我々の生活に浸透していった”インターネットカフェ”。
このページでは、インターネットカフェについていろいろ書いていきたいと思います。

インターネットカフェとは、有料サービスの施設のひとつで、インターネットにアクセスできるパソコンが設置されており、利用者はそれを利用することができます。
日本ではネットカフェやネカフェといったいろんな略称で呼ばれています。

インターネットカフェの特徴として、
・長時間の滞在の場合にはパック料金が適用され、割安となっている
・マンガ喫茶と複合している店舗が多い
・深夜サービスも行っており、宿泊施設として利用している人もいる
・利用者は若い男女および壮年男性に集中している
・ドリンクが飲み放題の店舗が多い

また、フロアも多数用意されており、
・シングル個室席
・ハイスペック席
・ペア席
などさまざまです。
どういった用途でインターネットカフェを利用するのかで選ぶフロアが変わります。

ところが、インターネットカフェは諸問題も抱えており、利用者のモラルが問われています。
・盗難犯罪
・パソコンのセキュリティ問題
などがあります。

便利な面と、諸問題を抱える面をともに持ち合わせており、利用する場合はいろいろな場面を想定した上で、ということが前提となりそうです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 虎の穴!インターネット論 All Rights Reserved.